ページトップへ

私たちがやらないこと

私たちは、土地オーナー様のよりよい土地活用の共同パートナーとして以下のことはお断りしています。

1.名古屋市内の駅前一等地や大学生をターゲットにした単身者向けの土地提案
2.入居が見込めないエリアの提案
3.店舗併用型の建設の提案

当社では、土地オーナー様とお話する時に、土地オーナー様の土地活用のご要望をしっかりお聞きします。

土地オーナー様にとっての土地活用が、当社の得意とする賃貸経営に合っているのかを理解し、そのご要望が当社の得意な事であれば 積極的にご提案させていただきます。

ザ・借家
戸建て感覚のメゾネット構造


ザ・借家戸建て感覚のメゾネット構造

メゾネット賃貸の主な入居者様は、小さい子供をもつファミリー層が圧倒的に多いです。

私たちは、我が家のような愛着を生み、入居者が長く住みたくなる長期入居にこだわっています。

メゾネット構造の一世帯が上下階をまるごと居有できる住まいは、小さいお子様のいる家庭にとって、とても住みやすく戸建住宅に住んでいるような感覚を味わえると人気があります。

小さいお子様を育てているファミリー層は通常の賃貸に多い単身者層と比べると、入居期間が長いため、空室問題が発生するリスクが圧倒的に低減されます。

 

実際の入居者様の声をきいてみる

このようなケースはメゾネットをお勧めできません

1.名古屋市内の駅前一等地や大学生をターゲットにした単身者向けの土地提案

このような土地では、戸数の多く取れる単身者向けのアパート・マンションタイプの方が収支が多く出るため、2階建の家を横に繋いだ構造のメゾネットはお勧めいたしません。

事実、駅前や、単身者のアクセスが多い場所などは戸建住宅が少なく、1Rのような戸数を優先したアパートやマンションが多いです。

メゾネット賃貸の主な入居者様は、子育て中のファミリー層です。

そのため、子育てしながら暮らすには、駅が遠い閑静な立地でも大きなアピールポイントになってくれます。


 2.入居が見込めないエリアの建築

私たちブルーボックスは、メゾネットを専門とする以前にアパート管理を行っていた実績もあります。

アパート管理を行っていた当時は、空室だらけで苦境に陥りました。
その経験を経て、ただのアパートでは競争力がなく、入居者のニーズに応えていくことができないと実感しました。

家賃下落グラフ


右の表に注目してみると、アパート・マンションの家賃下落率は10%も下がりますが、メゾネットの家賃下落率は3%しか下落していないことがわかります。

家賃下落の水準がほぼ一定であるということは、入居が安定しているということです。

メゾネット賃貸の主な入居者層である、小さい子供を育てているファミリー層にとっては、閑静な立地は大きなアピールポイントになります。

 私たちは、地域密着型のマーケティングを行い、その土地にあった活用方法をオススメします。

その土地に根づいたニーズに合わせた賃貸を建てる為、入居ニーズの見込めないエリアではメゾネットの建築はいたしません。


  3.店舗併用型の建設を希望する方

 一つの場所で職・住を兼ねる店舗併用型の住宅は、ご商売をされている入居者の方にとって一つの理想型だと思います。

しかし、入居者の方が実際に住まう中で、むずかしいのはワークスタイルライフスタイルのバランスです。
上下階を一世帯が占有し、戸建住宅に住んでいるような感覚を味わっていただくことが強みのメゾネットでは、店舗併用型の建物は活かせません。

店舗併用型の建設では、私たちが得意とするメゾネット構造の建築が活かせません。
得意とするノウハウがないため、私たちブルーボックスではお断りしております。