ページトップへ

ハウスメーカーと管理会社

ハウスメーカーと管理会社のちがい

管理会社としての強みがあります

私たちは、土地の市場調査から建築・その後の管理までの一貫サポート体制の賃貸経営を30年間続けているから、業界の流れや入居者のニーズ、問題に対して対策を打つことができます。

ハウスメーカーでは、入居者様との接点が全くないため、土地オーナー様向けの建物のデザインにこだわり、実際にそこに住まう入居様のニーズを知りません。

しかし、私たちは入居者様の声を直接聞くことが出来るので、入居者様が求めている間取りや設備を熟知しています。

では、そもそもハウスメーカー管理会社の違いはどのような点があるのか簡単にご説明します。

ハウスメーカーの特徴 管理会社の特徴

 ・住宅建設を行う会社

・家を売ることを目的としている

・現場の施工は下請けの工務店が行っている

・広告宣伝費が多額のため知名度が高い

・入居者との接点はない

 ・土地、建物、設備、入居者の管理を行う会社

・空室が出た場合の入居者募集業務を請け負う 

・入居者と賃貸オーナーの双方との関わりがある

・地域密着型が多い

・入居者のニーズに気づきやすい

 

ハウスメーカーと管理会社の比較

チェック項目
※上記はあくまでも目安で、ハウスメーカーや管理会社ごとに様々な特徴があります。

ハウスメーカーも管理会社もどちらもメリット・デメリットがあります。

どちらが良いのかは、土地オーナー様のお考えによります。

会社の知名度や建物のデザイン性にこだわりたい方、金額にこだわらない方はハウスメーカーでしょうし、建物完成後も同じ会社に管理業務を引き受けてもらいたい方は、管理会社が適正でしょう。

何を軸に置くかを、ご家族様全員で検討していただく事をオススメします。

入居者の実際の声をきいてみる