ページトップへ

賃貸経営よくある失敗例

あなたにとって賃貸経営をはじめる理由はなんですか?

いま持っている土地の節税対策ができればよいと考える方、
賃貸経営で儲けて資産を5億円にしたいと考える方、老後資金として年金では足りない部分を補い方...

賃貸経営をはじめる理由や目的は人によって様々です。
しかし、賃貸経営においてよくある失敗例にはパターンがあります。

ここでは、よくある失敗例と失敗しない方法をご紹介します。


 

 

よくある失敗例
1.家賃下落や金利上昇の誤算が甘く、計画書とは全く違う結果に。
2.一括借り上げを信頼し、市場調査をしないで業者任せに建築。
3.相続税対策と言われ35年のローン返済。金利上昇が起きれば返済が困難に。

~成功する賃貸経営の方法~
1.現実的な条件で家賃下落や金利上昇で試算する。
 ⇒建物が古くなると家賃は下がります。
  周辺の家賃下落相場に合わせた試算と金利の上昇をみて、将来のリスクを想定することが必要です。
  建築会社では、家賃下落を設定せずにシミュレーションを行う会社も存在するので気を付けてください。
  賃貸計画時において、事業計画書に家賃下落が想定してあるか、きちんと読むことが大切です。


2.空室物件には共通項があります。
 必ず市場調査を行いプランを検討しましょう!

 ⇒周辺の建物を調べれば、単身向けか家族向けかが良いかは一目瞭然です。
  また、入居者が求めている設備や部屋の広さも事前に分かる時代です。
  建ててからでは、遅いですから事前調査をしっかり行いましょう。
  ブルーボックスでは無料で市場調査を行っております。≫お申し込みはこちらから

3.土地評価を超えた高額な投資は危険。
 短期回収が見込める賃貸が優良物件です!

 ⇒入居者ニーズが刻々と変わるいま、20年後の賃貸はどうなるでしょうか?
  いま、いい物件でも20年後はそうではありません。
  賃貸経営を考えるなら短期で回収できる計画にしましょう。

賃貸経営をはじめる時に、将来のリスクを想定し、ご自身に合った計画を立てましょう。